サービス提供責任者 求人

サービス提供責任者(サ責)の求人探し | オススメ求人サイトランキング!

1位 カイゴジョブ
カイゴジョブは全国約5万件の介護職求人情報を掲載している介護専門求人サイトです。
運営元は、東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスで、介護職の3人に1人は利用したことがあり、会員数は60万人います。
カイゴジョブ独占求人や会員だけしか見れない非公開求人もあり、介護職の転職を考える際にはとりあえずチェックしておきたい求人サイトです。
サービス提供責任者の求人も業界トップクラスです。
求人情報は日々更新されますが、カイゴジョブではサービス提供責任者(サ責)の求人が全国2000件以上掲載しているときも多いです。
カイゴジョブのコンテンツとして、オープニングスタッフ特集や人気求人ピックアップ、
完全無料介護の転職サポート、全国写真コンテスト、カイゴジョブフェスタなどがあります。
カイゴジョブではハローワークの介護求人もサイト内で検索することができるので便利です。

 

 

2位 介護求人ナビ
介護求人ナビは介護職専門の転職・求人サイトです。
カイゴジョブと並び、業界最大級の求人案件の中から希望条件にあった介護求人の検索をすることができます。
掲載求人数は全国約5万件!サービス提供責任者の求人も多数です!
無料会員登録をすると、新着の求人情報をお知らせしてくれたり、介護事業所からあなたの経歴を見て来るスカウト機能も受け取る事ができます。
また、転職する前に知っておきたい注意点や就職・転職ノウハウ、専門資格について、介護転職お役立ち情報、連載漫画等コンテンツは充実しています。
※それ以外のコンテンツとしては、
面接レポート、新着求人、人気資格講座、その仕事を深く理解できる「お仕事大解剖」、就職・転職のお役立ち情報、都道府県・雇用別にわかる給与データがあります。

 

 

3位 リクナビNEXT
転職サイトの王道といっていいかもしれませんが、リクナビNEXTもおすすめです。
リクナビNEXTは介護職だけにかかわらず全国の求人日本最大級に掲載している求人サイトです。
新着・更新求人が毎週1000件以上あり、リクナビNEXTでしか見れない限定求人が約87%もあります!
サービス提供責任者の求人もありますので、まだチェックしたことのない人はチェックしてみると良いと思います。
リクナビNEXTもスカウト求人やサイト未掲載特別求人もあるので、
他求人サイトでは見れない条件のいいサービス提供責任者の求人が見つかるかもしれません。

 

サービス提供責任者(サ責)求人探しの基準【給与額】

 

サービス提供責任者(サ責)の求人探しをするときに良い求人・悪い求人をみる一つの指標になるのが給与額でしょう。

 

その求人の給与が高いか低いかを知るときに、平均給与額がわかれば便利です。
上記で紹介した介護求人ナビに参考になるデータがありました。
サービス提供責任者の給与は以下のようになっています。

 

正社員 平均月収22万円、平均年収325万円
パート・アルバイト 平均時給1034円
派遣社員 平均時給1198円 平均月収21万円 平均年収328万円

 

 

サービス提供責任者(サ責)求人は、応募条件は?未経験でも応募できる?

 

サービス提供責任者(サ責)は、訪問介護サービスのリーダー的な存在です。
介護ヘルパー職員をマネジメントや介護サービス利用者とのコミュニケーション、
サービス提供内容のコントロールなどをするポジションです。
その為、経験者のほうが採用されやすい傾向にあります。

 

ただ、未経験でも、実務者研修修了資格を持っていれば採用されることもあります。
サービス提供責任者の業務をするには、実務者研修修了資格が必要なのです。
実務者研修資格は比較的簡単に取れる資格なので、まだ持っていなくサービス提供責任者に興味があれば挑戦してみていいと思います。

 

 

すぐ辞めると言われていたが25年以上も
介護職のやりがいは人それぞれ。
やりがいを感じるまではそれなりの時間がかかります。
きれいな仕事ではありません。
ストレスもかかります。
辛いときでも笑顔でいることを要します。

 

誰かの大切な家族をお世話させてもらうという責任感もあります。
やりがいを感じ始めると同時に責任感や命に対する怖さも出てきます。
怖さは消えませんが、小さな達成感は沢山あります。
噎せずに食事を食べれた。
オムツ交換のオムツの当て具合が美しくできた。
発語のない人との意志疎通が出来たとき。
あなたが居ると安心する。と言われた時。
素人に近い新人職員の成長が見れた時。
自分の持ってる知識を評価されるとき。
仕事で汗だくになっても気持ちが晴れやかであるとき。
スムーズに仕事がはかどり1日が終わるとき。
何気ない会話の時。
一緒に笑えるとき。
一緒に泣ける時。
やりがいを探せば切りがありません。
仕事は慣れるまではかなりきついです。

常に 学びは必要となります。
しかし介護する上でプロ意識を持つと持たないとではやりがいも質もかわります。
意識の違いで小さなやりがいは沢山あります。
色んな場面で色んな場面で事がおきて、同じことは1つもない。それぞれの人生の一場目面の中に入らせてもらいお手伝いさせて貰える奥が深く面白い仕事です。

 

 

入居者からの暴言や暴力が大変
介護に携わってからもう8年になり、いくつかの施設で働いてきました。優しいおばあちゃんだったり頑固なおじいちゃんだとか、たくさんの高齢者の方と出会ってきましたが、どの入居者様も大好きです。でも中には、暴言を吐かれたり暴力をふるったりする方もいます。それは認知症やなんらかの疾患が原因だったり、不安や孤独などの精神的なものからくるイライラでまわりに当たり散らしたりすることが原因だったりします。とある認知症のおばあちゃんは突然怒って大声を出したり、叩いたりツバを吐いたりします。昔、優秀なお医者様だったおじいちゃんは若い女性の職員が嫌いで叩いたり暴言を吐いたり、時にはセクハラをすることもあります。パット交換やトイレ介助をする時に嫌がって叩いたりされることなんて、ほぼ毎日です。それが嫌だとか腹が立つなんてことは不思議となくて、仕事だと割りきっています。でも大変なのは、その暴力や暴言によって支援出来ることが限られてしまうことです。暴力があればパット交換が出来ないとか食事介助が出来なくなってしまいますし、暴言があって特定の職員しか関わることが出来なかったりするので困ってしまいます。でも、この問題は「介護」には必ずあることなので、大変ですがうまく交わして頑張って働きたいと思っています。

 

 

ツンデレかな
以前働いていた施設で、認知症で入居されていたかなりご高齢の男性の方がいらっしゃいました。
昔の男性は、今のイクメンパパとか女性優先とかそんな考えは表面上全くない方が多いです。
この方もそんなタイプの方で、表面上はとても攻撃的で自己中心的なふるまいをしていました。認知症なのですから、本来の性格や発症前の行動とは遠く離れた姿になっているのかと思っていましたが、ご家族からするともともとこんな感じでちょっとひどくなったかなぐらい、とお元気なころから手を焼いておられたと笑っていらっしゃいました。
この時点でこの男性はご家族に愛されていんだなと感じました。

 

そして、その男性も入居期間が長くなっていくと場所にも人にも慣れてきたのか、時々とってもチャーミングな事をするようになりました。
普段は蹴ったり叩いたりされてしまうこともあるのですが、すぐ後にまるで子供をあやすかのように「どうした?誰にやられた?痛かったな、もう大丈夫だよ。」とやさしく頭をなでなでしてくれたりしました。
突っ込みどころもありますが、それも含めてフフフと笑ってしまいます。こんな時に私はやりがいを感じます。
きっと、この男性の中で私は近所の子供にでもなっているのでしょうか、とても優しくてあたたかい気持ちになりました。
《PR》ヘルパー 求人 名古屋を参考にしたい方はこちら